ドクダミ茶の作り方はとっても簡単? 効能がすごい! デトックスで美容効果!(どくだみ茶)

ドクダミ茶はスーパーやドラッグストアにも売っていますし、健康茶として身近なお茶ですね。

名前から毒があるの?と思われたり、独特な匂いがあって飲みにくいと敬遠している方もいらっしゃるかもしれません。

でもそれって、とてももったいないかもしれませんよ?

簡単に手作りもできますし、すごい効能があるドクダミ茶についてまとめてみました。

ドクダミ茶の作り方

ドクダミは5月から7月の、白い花が咲く頃が薬効が高まって、一番の収穫期です。その時期を狙って収穫しましょう。

庭にはびこって困っていらっしゃる方、チャンスです! 庭に生えていない方は近所に見つけにいきましょう!どくだみは案外あちこちに生えていますよ!見つけるコツはちょっとじめじめした場所を探すこと。公園の片隅や川辺や田んぼの近くの用水路なんかを探してみてくださいね。

収穫したドクダミを洗って乾燥させる。簡単に書けばそれだけでドクダミ茶は作れます。

3日から7日ほど天日干しにし、乾いたドクダミを細かく切ります。猛暑日なら1日で乾燥しますので、本当に簡単に出来ますね。

乾燥剤を入れて缶や瓶で保存します。冷凍するのもいいです。

大切なのはカラカラに乾燥させることです。乾燥が中途半端だとカビの原因になりますので、気を付けましょう。

 

収穫して洗って乾燥させて細かくするだけ。ドクダミ茶はとても簡単に作れるんですね!

ドクダミが庭や近所に生えていたら、作らないと損!と思っちゃいました。化粧水は作ったのですが、私もドクダミ茶づくりに挑戦したいと思います。

 

ドクダミ茶の効能はすごい? デトックスで美容効果あり!

ドクダミは名前から毒草をイメージしてしまうかもしれませんが、毒をおさえるという意味の毒矯(どくだ)み」からきているといわれていて(諸説あります)、ドクダミ自体には毒はありません。

ドクダミは厚生労働省に十薬として認められているほど、様々な効能がある生薬なんです。そんなドクダミ茶の効能を調べてみました。

 

血行がよくなり冷えが解消される

ドクダミには血管を拡張する作用がある「クエルセチン」が含まれており、血流を促す働きがあります。さらに、血管を丈夫にする「クエルシトリン」や「ルチン」も含まれています。

ドクダミ茶を飲むことで血行促進や毛細血管の健康維持ができ、冷えが解消され、肌のくすみも解消されます。

 

デトックスができる

カリウムが豊富なので、尿の排出を促進し、老廃物を輩出してくれます。塩分の摂り過ぎを調節する作用もあります。

マグネシウムも豊富なので、腸内の便をやわらかくする作用があり、便秘の解消に役立ちます。

 

血行がよくなって利尿作用と緩下作用によるデトックスもできる!
ということは、健康になって美容にもいい、ということになりますね。

ドクダミ茶にはまだまだ健康にいい、いろんな効能があるので、ぜひとも普段の生活に取り入れて、健康的で美しくなりたいですね!

またドクダミの収穫にいってきます!

作ったらまた報告させてもらいますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました