ドクダミの白い花びらの正体は?八重のドクダミも。ドクダミの花でチンキづくり(どくだみ)

こんにちは。ナチュラル大好きゆみこです。

ドクダミって抜いても抜いても生えてくる雑草、と邪魔者にされがちですよね。でも花をよく見ると清楚でかわいいです。そんなドクダミの花の秘密と、飾って楽しむことができるということや、花をドクダミチンキや化粧水にする方法もある、ということについて書いていきます。

ドクダミの花は実は白くないって本当?白い花の正体は?

ドクダミの花って真っ白でかわいいですよね。でも実は、わたしたちが花びらと思っている白い花びらは花びらじゃないってご存知ですか?

あの白い花びらに見える部分は、実は花びらじゃなく、花を守るために葉っぱが進化したもので、総苞(そうほう)というもの。だからドクダミの花は白いっていうのは本当は間違いなんですよ。ドクミの本当の花は、白い総苞の真ん中にある、黄色い穂状のものがそうなんです。

なんかびっくりですよね。白いところは花びらにしか見えませんし、真ん中の穂の部分はおしべとかめしべとかがくとか、そんなようなものだと思っていました。調べてみてわかることってありますよね。わたしも今回調べてみて勉強になりました。

でも、一般的にドクダミの花は白い、と思われていますし、いちいち「それは花じゃなくて」、なんていうのも野暮なので、世間一般ではドクダミの花は白いということでいいじゃないか、ということになっているのかなあと思います。

で、わたしもドクダミの花は白いっていうことでいいんじゃないか、っていうスタンスでこのドクダミのブログを書いています。

豆知識として、ドクダミの花は実は白くない、と知っておくのもいいかな、という感じですね。なので、このブログでも、白い総苞も含めて、ドクダミの花、ということにしていますのでどうかご了承くださいね。

ドクダミの花は飾っても楽しめる。八重のドクダミは鑑賞用にぴったり

ドクダミは庭に増えすぎたり、匂いが臭かったりとかでイメージが悪くてやっかいもの扱いされていますが、よく見るととても可憐で清楚なたたずまいと思いませんか?

花瓶に生けてお部屋に飾ってみたら、可愛らしくて、すごく素敵です。葉っぱもハート形で可愛いですよね。

八重咲のドクダミもありますが、これは自然界で突然変異したものらしいです。たくさんの花びらがついた豪華なドレスのようで、これもとっても素敵ですね。

八重のドクダミは希少価値があって人気があるので、園芸種として園芸屋さんで結構高い値段で売られています。調べてみたら、1ポット1000円近くしていました。お高いですね~。八重咲に加えて、斑入りも人気みたいです。斑入りだとまた価値が上がるみたいですね。

一重のドクダミが自然に群生している場所で、まれに八重のドクダミが見つかることがあるみたいなので、探してみるのもまた楽しいですね。

八重のドクダミはまだ見たことがないので、見てみたいです。貴重なものなので、苗で買って育ててみるのもいいですよね。育てるときには庭にじかに植えると、繁殖して大変なことになりますので、そこのところは注意してくださいね。これは一重でも八重でも同じですから。まずは鉢やプランターで育てるのがオススメです。

ドクダミは薬草として役立ちますが、それだけじゃなく、目でも楽しめますね。ドクダミの可愛い姿も見て楽しんでみてくださいね。

ドクダミの花でチンキを作ってお洒落で憧れの生活?

ドクダミの花でチンキ作りを楽しむのもいいですよね。チンキとは薬草をアルコールに浸けて有効な成分を抽出したものです。ドクダミで作るチンキなのでドクダミチンキです。チンキを水で薄めてグリセリンを少し入れると化粧水になります。

ドクダミチンキと言えば、ドクダミの花でチンキを作っている方が多いですね。(ここで言う花は白い総苞を含んだものです)

私の友人にドクダミチンキがいろいろな効果があっていいことを教えると、ドクダミの花のチンキを作っている方の発信を見たことがあったようで、「とても素敵でああいうのを作る生活に憧れる」って言っていました。お花のチンキはどうも乙女心をくすぐるみたいですね。

作り方は、花を摘んで軽く洗って(きれいなら洗わなくてもOK)水気を取り、20度以上のアルコール(焼酎やウォッカなど)に浸けるだけです。簡単ですよね!

花で作ることのいいところは、ドクダミにつきものの悪臭とも言える独特な匂いがしないことです。あの匂いは茎や葉を傷つけたらしてくるので、花だと匂いはしないんです。

瓶に詰めるとお洒落な感じになりますし、肌にもいいドクダミチンキの出来上がりです。
花のドクダミチンキの効能について詳しくはこちら

ちなみに、浸けこんでから数日で白い花は茶色くなってきてしまいます。きれいなのは最初だけかも。残念!

ドクダミの白い花びらの正体は?八重のドクダミも。ドクダミの花でチンキづくり(どくだみ)まとめ

・ドクダミの花が白いというのは実は間違いで、白い花びらに見えるものは総苞(そうほう)という葉っぱが進化したもの。

・ドクダミの花は可憐で飾っても楽しめる。八重咲や斑入りも人気で高価で販売されている。

・ドクダミチンキを花で作ると簡単でお洒落。肌にいい化粧水にもなる。

 

以上、ドクダミの花について書きました。身近な植物ですが、意外と知らないことも多いですよね。よろしければ参考にしていただき、ドクダミライフを楽しんでいただければ嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました